ポリ袋を水漏れなく締める生活の技

ホットサンドメーカーを使わずに作る生活の方法

ポリ袋を水漏れなく締める生活の技 パンを食べるときにはトースターを使います。ポップアップ式のものあればオーブンタイプのものもあります。表面にこんがり焼き目をつけることができます。オーブンタイプだとトースト以外にもいろいろなものを焼くときに使うことができます。それ以外に最近人気が出てきているのがホットサンドです。専用の機械を使って通常のトーストとは異なる味わいを楽しむことができます。

作り方は焼いていない食パンの耳を切り中に具を入れます。これを機械にセットして数分待ちます。するとパンの部分がくっつき表面に焼き色がついています。この場合中身具に接している部分のパンは焼かれていません。ですからトーストしたパンを重ねたのと食感が変わります。さく、ふわ、もっちりを一度に味わうことができる調理法です。

ホットサンドを生活に組み入れたくても専用の機械がないとできません。でも機械なしでも作れます。具を挟むところまでは同じです。そのあと定規で周りを押し付けます。するとパン同士がくっつきます。あとはトースターで焼くだけです。上下均等に焼けばトースターでホットサンドができます。表面のみサクサクで中身はふわふわ、もっちりの食感を楽しむことができます。いつもの道具を活用できます。

Copyright (C)2020ポリ袋を水漏れなく締める生活の技.All rights reserved.